新潟県新潟市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

【人気記事】

2015-05-18_194630.jpg

 

↑A社135,000円、B社55,000円、その差なんと8万円!59%OFFも可能!?

icon_titleB_01.png引越し料金を59%オフにする方法を元引越し業者の私が紹介します!

新潟県新潟市の小学校転校手続きについて

2016年10月04日 14時19分



引っ越しが確定した場合、学校に通う子供がいれば転校手続きが必要となることが多いですよね。この手続きは、いろいろと走り回らなければならないうえ、書類が煩雑だったりと戸惑うことも多いと思います。

急遽決まった引越しだと、新しい住所が決まっていないケースもあり得ますが、事前に準備しておけば円滑に手続きを進行することが出来ると思います。このサイトでは、過去自分の子どもを転校させたわたくしが、順を追いながら手続きに関する注意点をお教えします。小学校の転校手続きQ&Aわけありを紹介します。



Q転校先の住所が現在決められません。転校手続きはできるのでしょうか。

A.転校には仕方なくする場合もありますし、特別に許可される事もあり得ます。例を挙げると、家庭内暴力やストーカーに悩み住まいを変えたいが、まだ確定した住所は決められない場合。特例が認められているため、今すぐ相談んしてみましょう。
そして、特認校と言われている小規模学校もあります。遠くの家からでも通学できる体制が整っています。


Q.転校手続きはそれぞれの学校や教育委員会に娘も連れていく方がベストですか?

A.転校前の学校は保護者だけでやり取りをして、書類関係等した方がいいでしょう。いつ頃、転校することを他の子ども達に伝えるか等、担任と打ち合わせがされると思うので、逆に子供がいると相談しづらくなります。転校先では先生とお子さん、お互いが見ておくべきでしょうし、同席するといいですね。ただなにか相談などがあれば先生にお伺いし、別の席を設けましょう。


Q.公立から私立へ転校OKですか?

A.転校は可能ですが、通常私立の方が勉強の進捗状況が事が多くなります。私立へ転校後にきちんと学習のフォローは必要になります。様々な手続きが必要となる小学校の転校手続き・・・オススメのタイミングは?急を要する際は仕方ありませんが、特に市外への転校の場合、転校手続きだけでも何日か必要になる事と思います。さらに母親も父親も働いているケースだと、必要な書類集めなどが仕事のある日に出来ず、「続きはまた次の休みに」なんてなることもあり、うまく進まないこともあり得ます。引っ越し日の7日前までに転出届を提出し、引っ越し後は14日以内に転入届、同時に学校の手続きもやってしまわないとならないのです。必要な用品をチェックしたり、時間がかなりあっても足りない!という状況になりそうなので、できることならば、極力学校の長期休みの季節にするのが一番だと思われます。夏休みと春休み、冬の休み中に焦らずに手続しながらお子さんの状態をしっかり見て、ケア、フォローをするのが大切ですよ。
【人気記事】

2015-05-18_194630.jpg

 

↑A社135,000円、B社55,000円、その差なんと8万円!59%OFFも可能!?

icon_titleB_01.png引越し料金を59%オフにする方法を元引越し業者の私が紹介します!